ガジェットと写真とランニングのblog

管理人が日々の生活で感じたことやガジェットのレビューをつらつらと

2段階認証必要になってきたよね Authy

近頃セキュリティがきになっている管理人です。

iPhoneだと、iTunesのIDとパスワードを求めるフィッシング詐欺もありましたね。

gori.me

そんなこともあり、IDとパスワードだけの管理だとどうにも不安な状況が多くなってきているので、私も2段階認証を順次導入していこうと思いました。

2段階認証とは

2段階認証とは、IDとパスワードで認証後に登録しているデバイスやアプリにワンタイムパスワードを配信してそれを入力しないと認証OKにならない仕組み。
通常のID/パスワードとワンタイムパスワードで2回なので2段階認証ということ。

採用している主要サイト

以下は採用しているサイト。主要なところはほぼ網羅かな。

  • Apple
  • Google
  • facebook
  • Amazon
  • Yahoo!Japan
  • Microsoft
  • Dropbox
  • LastPass

って楽天対応していないんかい!!

アプリはAuthy

はじめはGoogle認証システムを使っていたが、今ではAuthyを使っている。

Authy

Authy

  • Authy Inc.
  • ユーティリティ
  • 無料

理由はGoogle認証アプリだと携帯電話一つにしか登録できないが、Authyはマルチデバイス対応!!
使えるのはiOSとAndroidに加えてChromeアプリがあるのでPCやMacでも対応されている!!
そのためほとんどの端末で利用できます。
何が便利かというと手元に電話がなかったときに2段階認証が使えることや、特に機種変更ときにいちいち設定し直す必要が無いのでおすすめです。

Googleの2段階認証

さて、ここからは2段階認証の登録方法を紹介。基本みんな一緒なので代表してGoogleの設定を例として紹介します。
前提として、先程紹介したAuthyを携帯端末にインストールしておいてください。

はじめはアカウント設定画面から左メニューの「Googleへのログイン」を押下すると、パスワードとログイン方法が表示される。
そこで「2段階認証プロセス」を押下する。

2段階認証プロセスの開始画面が表示されるので、「開始」をクリック

すると、GoogleのIDとパスワードを聞かれるので入力する。

すると、携帯電話の設定画面が表示されるのでそこで電話番号を入力する。

すると、2段階認証の設定画面が表示される。
今回はAuthyを使いたいので、「認証システムアプリ」を選択する。

すると、二次元バーコードが表示された画面が出てきます。

ここで、iPhoneにインストールしたAuthyを起動してバーコードを読み込みます。
アプリを起動したあとに、画面下部の+をクリックして

バーコードスキャンの了承の画面が出るので「Scan QRCode」をクリックして

PCに表示されているバーコードを読み取る。

Gooleのアカウント名を登録する画面が出てくる。Doneボタンをクリックする。

すると6桁の番号が出てくるので、PCの画面に入れる。

PCに完了の画面が表示されれば2段階認証の設定は完了。

自分の身は自分で守ろうね

他のサイトも概ね同じ手順で設定できます。 これでセキュリティを一段高くすることができます。
これからのネットは最低限の自己防衛は実施しましょうね。

AdobeCC(creative cloud) はAmazonセールがおすすめ いまなら20%オフ!!

Amazonのサイバーマンデー
今回個人的にあんまり欲しいものがないなぁ。。。 こんなものか?Amazonよ!!

その中でも、狙っていたとおりアドビのCreative Cloudは20%オフになった。
サイバーマンデーで安くなったら買おうと思っていたので迷わずポチッ!!

プライム会員であれば、決済時に20%になります。

Lightroom使いとしてはこれで一年版を購入して、月784円となりお得っす!!

無印 携帯アロマディフューザー

最近香りの効果について考えている管理人です。

これまで自分の部屋に特定の香りを使ったことはなかったですが、良い眠りのために色々と調べたところ、香りの効用を試してみるべく、はじめにこれを使い始めました。

www.muji.net

1週間ほど試したところ、寝付きが良くなり香りの効果を実感してきたところ無印の店舗で携帯用のアロマディフューザーが新発売していたので思わず購入してしました。

今回はそのレビューです

香りの効用

下記を読むと、人間が香りを利用するようになったのは火を発見したときからと言われているとのこと。
英語のPerfumeはラテン語のPer Fumum(through smoke:煙によって)が語源とは知らなかった。。。

歴史上に香料が登場するのも紀元前3000年ごろのメソポタミア文明と言われているのだからかなり昔から人は香りを用いてきたようだ。

香りの歴史 | 日本香料工業会 - Japan Flavor and Fragrance Materials Association -

けれど、研究としてはそれほど進んでいるわけではなさそう。 理由としては、下記に書いてあるとおり非常に幅広い分野にまたがっているからっぽい。

  • 香り自体は物質なので(有機)化学
  • 香りの情報を受け取るのは脳神経
  • 効果は生理現象や行動に表れるので生理学

東京大学大学院 東原 和成 教授|アロマの現場

と学問的にはこれからといったところみたいだけど、大切なのは自分の身体がどう感じるか。
糖質制限など、自分の身体で検証して効果が出たものを信じるモットーから前述の無印の商品を1週間ほど試してみたところ効果があることを実感しました。

携帯用のアロマディフューザー!

効果があるとおもったら今度は職場や外出先でも利用したいと思ってきた。
そんなときに無印の店舗で以下を発見してしまいました!! www.muji.net

SONYからの競合品との比較

買う前に前から気になっていたSONY製品もふと頭をよぎりました。

SONYが香り??とはじめは思ったけれど、「香りを持ち運ぶ」というコンセプトは斬新だと思っていていいな。と思っていた製品。
ただカートリッジが1日10秒10回で計算して1ヶ月しか持たないとコストパフォーマンスは???と思って躊躇していたところ。
※現在のカートリッジは倍の2ヶ月に延びてます。

無印の携帯アロマディフューザは以下の点が良いと思ったので、3秒考えて無印の商品を買うことに決めました。
(SONY製品のポータブル性は魅力的なんですがね)

  • 市販のアロマオイルが色々利用できる。 SONY製品はカートリッジが決まっている
  • コストパフォーマンス (10mlで約3ヶ月は利用)

実際に使ってみて

次からは実際のレビューとなります。

シンプルなパッケージ

まずはパッケージング。無印らしくシンプルなパッケージ。

付属しているのは本体とUSBケーブル、フェルト付きホルダーと外出用のポーチ。 電源はUSBケーブルで給電できるので使い勝手もよい。

香りの範囲は限定的。だけどそれが良い

フェルト付きホルダーにオイルを垂らして本体に装着して、ふたを90度回転させると電源がONになる。
本体には、余計なボタンなどがないので非常にスマートだと思う。 電源がONになると動作音が少しするが気にならない程度。
少し立つと香りがふわっとしてくる。
ミスト形式ではなくて、送風ファンで風を送る方式なので部屋全体に充満するというよりは範囲は限定的。
だけどそれが逆に周りに迷惑にならないのが良いと思った。
職場で使ってもそれほど迷惑にはならなそうだ。

持ち運びのケースあり

持ち運び用のケースが有るのも良いところ。 ポイントはアロマオイル10mlが1本入るスペースがあるところ。
このあたりはよく考えられているなぁといった印象。

香りを持ち運べること

香りを持ち運ぶというのはすごく新鮮な気分。
気に入った香りをいつでも利用できるのはリフレッシュにも良いと思う。

ひとつ欠点といえば、フェルト付ホルダーが1つしかついていないので香りが1種類しか試せないところ。
ただしフェルトは別売されるようになるとのことなのでそれを待って新しい香りも試してみたいと思う。

ちょっとした良いものでちょっとした贅沢。日常をちょっと良くする一品です。

歯のメンテ続き 歯磨きと歯周病とわたし

前回の投稿で新しい歯医者さんの紹介をしましたが、今回は2回めの受診。

www.foto2strada.com

今回は歯周病の検査を行い、歯科衛生士の方とお話した話です。

歯周病の検査

前回は歯のクリーニングを優先させたため、今回は歯周病の検査を実施。
準備をして検査を受けたところ「あれ?痛くないな」というのが第一印象。
歯周病の検査を行うときには、先の尖った器具で歯肉を押していくのだけど、これまで受けた検査はとにかく痛い印象だけが強かった。
場合によっては歯肉から血が出てくることも多くそんなもんかと思っていた。
けれど、今回は歯肉の痛みもなくあっという間に完了した。
前回も思ったけど、丁寧な検査してくれるのは好感持てますな。

検査結果の説明

終わってすぐに検査結果の説明を受ける。

  • 全体的に歯周ポケットが深く、歯周病ではないけど歯磨きの注意が必要。
  • 特に奥歯が深いので、奥歯の歯磨きが充分でない

歯周病ではないけれど、注意が必要と言われて、個人的に電動歯ブラシを使ってしっかりと歯磨きを実施していると思っていたので、少しショックをうけました。

歯磨き大事

その後、歯磨きの仕方の説明を受ける。そこも丁寧に説明をしてくれ、電動歯ブラシのメーカーを聞いてその特徴からこうした方がいいですよーー、と答えてくれたのには驚いた。

  • 電動歯ブラシを使っている場合、長時間同じ場所に当てていると歯茎が下がる。 歯茎が下がると、エナメル質で守られていないところが出てきてしまうので歯には良くないよ。と
  • 歯茎には自分が思っているよりも優しく当てること。
    ゴシゴシ磨いていた。
  • 歯間ブラシとフロスは毎日やったほうがいいけれど、隔日でいいですよ。 なぜなら自分が毎回やりなさい、と思ってもできないことは提案しないとのこと。
  • 奥歯の磨き方は歯ブラシを横に当てると良い。奥歯がうまく磨けないと思っていたのでこれは良かった!!

感じたのは、歯科衛生士の説明がすごく丁寧、かつ、現実的な提案をしてくれ大変好感がもてた。 一つ一つの説明も、すごく勉強している印象。
前回の歯科衛生士もだけど、歯医者で一番接するのは歯科衛生士の方々なので、そこで好感が良いと通おうというモチベーションになりますね。

最後に、3ヶ月で歯周病は進むので、検診は3ヶ月ごとに来てもらった方がいいですよ。とのことなので早速次回予約をして帰りました。
かなり満足な歯医者さんでしたーー

カメラマウント移行を考える

カメラ大好き管理人です

現在カメラは複数台所有していますが、かなり年季の入った機種であるこの頃。
新しい機種も欲しいなと思っていたところ、今年の秋は、気になる機種が色々出てきました。
カメラマウントの移行も考えつつ、既存レンズ資産も含めてどうしようかともんもんと悩んでいるところです。

現在のカメラ構成

現在のカメラはセンサー違いで以下の3つ

フルサイズ

NikonのD700。 ニコンは学生時代にF3を購入してからの付き合い。
デジタル一眼はフォーサーズマウントを利用していたが、高感度の弱さにどうしても我慢できずフルサイズ欲しいな。
と思っていたがまだまだ高った2007年頃リトルD3の触れ込みで発売。
現実的に手の届くところな価格のフルサイズにマウント移行しようかどうか悩んだ結果、2010年に購入。
思い起こすとかれこれ7年の付き合いということか。
マウントは不変のFマウント。 とはいっても主力のレンズはGレンズなので最近のレンズ。
普段はマイクロフォーサーズ機を持ち出してしまうけれど、ここぞ!というときには信頼感あるんだよなぁ。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D700 ボディ

Nikon デジタル一眼レフカメラ D700 ボディ

D700は画質を重視するときのカメラとして普段使いは他のカメラにしているため、単焦点レンズを中心とした構成。

まずは標準の50mm

つぎに物撮りのための60mmマクロ

Nikon 単焦点マイクロレンズ AF-S  Micro 60mm f/2.8G ED フルサイズ対応

Nikon 単焦点マイクロレンズ AF-S Micro 60mm f/2.8G ED フルサイズ対応

ポートレイトに85mm

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G フルサイズ対応

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G フルサイズ対応

そして風景用に20mm

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED AFS20 1.8G

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED AFS20 1.8G

あとは、Ai-sレンズで35mmf2と50mmf1.4を保持。

マイクロフォーサーズ

実はフォーサーズはE300→E400→E-3と使っていたので、(マイクロ)フォーサーズは昔からのおつきあい。
前述の通り、高感度に我慢できなくなってD700に変更するまでは、デジタル一眼レフはオリンパスがスタートでした。 その後、離れていたけれどE-M5発表と同時に名機M-1のフォルムに似た姿に一目惚れをして購入。
その後、D700との使い分けに苦労しつつも現在はE-M1に変更して利用している。
マイクロフォーサーズの一番のメリットは何と言ってもその小ささ。
写真を取るのに一番大切なのは、撮るタイミングにカメラを持っていること。
そう考えるといつでもカバンに入れておける小ささは画質よりも重要なファクター(子供が産まれてからはそのことを特に実感しております)
その意味で、普段使いにもってこい。
E-M1では位相差AFとなってフォーカススピードも早くなったので使い勝手がさらに向上した。
普段使いのため、レンズはズームレンズを中心に構成。

主力カメラはE-M1。(画像はmk2だけど)

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 MarkII ボディー

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1 MarkII ボディー

レンズは高倍率ズームとは思えない画質の12-100mm

望遠のために40-150mmとテレコン

マクロレンズとして中望遠の60mm

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro

APS-C(フォビオン)

主力は上記2つだけど毛色の違うものとしてフォビオンのカメラを保持。
フォビオンセンサーによる解像感と発色の良さは唯一無二の存在。
DP2xから利用していて、今はDP2Quattro。
シグマのカメラは低感度必須とAFがゆったりなので、このカメラだけで全てはまかなえないけれど、ゆっくりと風景写真を撮るときには持っていってしまうカメラ。

気になる機種はこの2つ

2017年秋は個人的にかなりエポックメイキングなカメラが出ました。 それらはニコンのD850とSONYのα7Riii

D850

まずはD850。そろそろD700の後継機がほしいとおもっていたところで出てきた本機。

ニコン ニコンデジタルカメラ D850

ニコン ニコンデジタルカメラ D850

今年はNIKONの100周年。新機種を期待していたが業績が厳しい状況もあるので難しいのかなぁとおもっていたら本機が登場。
今ある技術をこれでもかと突っ込んだ出し惜しみのないカメラが出てきたという印象。
特に高解像度と連写を両立したモンスターマシン。
お値段も40万円弱だけど、このスペックなら安いと思ってしまったのは沼に足を突っ込んでますね。。。
これはD700の後継機だなぁ。と思っていたところSONYからとんでもないカメラが出ちゃったのよね。

α7Riii

NIKON党だし、そりゃD850を買おうと思っていたのですよ。
そしたらそこにα7Riiiですよ。 こちらもSONYの今出せる技術を放り込んできた。って感じのカメラ。

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM3 ボディ ILCE-7RM3

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM3 ボディ ILCE-7RM3

ミラーレスはコントラストAFがメインであり、精度は高いのだけど速度がいまいち。という特徴だった。
センサーの技術向上により、像面位相差AFが可能になった。
SONYはその2つを組み合わせたファストハイブリッドAFを搭載してきている。
とはいえ、触ってみた感想だと一眼レフにはかなわないなぁと思っていた。
けれど、α7Riiiはミラーレス?と思うくらい早くなっていた。ここはα9からAF機能を出し惜しみせずに踏襲して来ているなぁ。と感じた。

比較してみると

D850とα7Riiiを比較してみる

機種 α7Riii D850
画素数 約4240万画素 約4575万画素
ファインダー 電子ファインダー 光学ファインダー
オートフォーカス ファストハイブリットAF 位相差AF
瞳AF 対応 非対応
センサー 裏面照射型 裏面照射型
ローパスフィルター なし なし
手ぶれ補正 ボディ内5軸5.5段 レンズ補正
処理エンジン BIONZ X EXPEED 5
メディア デュアルSD XQD+SD
連射枚数 最高約10コマ/秒 最高約7〜9コマ/秒
測光範囲 -3~20EV -3~20EV
ISO感度 100-32000 64-25600
ライブビューAF ファストハイブリッドAF(像面位相差+コントラスト) コントラストAF

比較するとどちらも甲乙つけがたいが、大きなポイントは瞳AFの有無とライブビューAFかな。
瞳AFは人物を撮るときにすごく役に立つ。また、ニコンのライブビューはとてももっさりしている。
マイクロフォーサーズでライブビューに慣れている身としてはかなり気になるところである。

動体撮影もレビューを見る限り問題なさそうなので、α7Riiiのほうが自分にはあっているかなぁと思った。

レンズを活かすには

ここで冷静に考える。カメラはα7Riiiが良いとしても写真はレンズが大切。
EFマウントのレンズはゼロである自分。はてカメラを買ってもつけるレンズがない。
EFマウントレンズはみな高いのでさてどうしようとなやむ。
そこでマウントアダプターがあるではないかと思いついた!!
NIKONのf1.8レンズは軽量だけど写りはさすがの単焦点で皆よいので今後も使っていきたいところ。
そこで調べると以下のアダプターはAFが使えるとのこと。

さらにExifデータの取得とボディ内手ぶれ補正が利用できるというのもメリット。
ただし、AFはレンズとの相性はあるようなので過度な期待はできないみたい。。。
価格が4万オーバーなので人柱としては高すぎるので、ヨド○シにいって試させてもらった。
その結果は、以下の通りイマイチだった。

  • 60mmマクロはOK
  • 50mm/1.8はAFが迷う
  • タムキューもAFが行ったり来たり

AFがおもったよりだめだったのは残念。
Exifデータが自動で取得できるのはメリットだけどそれだけで4万円はなぁとまた悩む。。。

最終的にどうしよう

色々と考えて整理をしたところ、α7Riiiに惹かれるけれどレンズ資産などを考えるとD850のほうが良いのではないかと行ったり来たり。

そんなこと考えていたら、D750でいいんじゃね??とも思ってきたこの頃。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D750

Nikon デジタル一眼レフカメラ D750

ただ、今となってはAFや高感度の部分で少し見劣りがあるし、なんというか。。。触っていて撮影意欲がD700ほどわかないんですよね(苦笑
このあたりは感覚的なものだけど。
とまだまだマウント移行は思案中だったのでした。