ガジェットと写真とランニングのblog

管理人が日々の生活で感じたことやガジェットのレビューをつらつらと

歯は大切 新しい歯医者さん探索(大田区)

40歳を迎えて健康に気をつける様になった管理人です。
身体が無理を効かなくなってきた最近。身体のメンテには以前よりも気をつけるようになってきた管理人。

ふと気づくと今年の1月に歯の検診を受けてからメンテをしていなかった自分。
久しぶりに歯の検診を受けたのとそのときに気づいたことを書きたいと思います。

良い歯医者を探す

今年の1月に歯の検診を受けたのは会社近くの歯医者さん。
職場に近いと時間の融通は効くのだがどうも事務的で合わないな。と思っていたのもあったので今回新しい歯医者で検診を受けることに決めた。

今回は自宅に近い歯医者にしようと思っており、嫁さんにも聞いたところ、通っている「とのつか歯科」はいいんじゃない。ということで

tono-dc.com

早速電話をかけて予約しようとしたところ、結構先まで予約が埋まっていたため、予約は1ヶ月後に。
人気あるなぁ。といった第一印象。

新しい歯医者はドキドキ

1ヶ月たってようやっと検診の日を迎える。
場所は洗足池駅から徒歩5分ほどの距離。用水路に沿って歩いていくと到着。
落ち着いた住宅街の中に溶け込んでいて気づかずに過ぎてしまったのはご愛嬌。

外観は非常に清潔で。受付して数分して処置室に連れて行かれる。
おいてある機器も新しく、かつ、きちんとメンテしている模様。
なんて考えていると歯科衛生士の方がいらっしゃって早速検診を始めることに。

検診を始める前に、検査する内容の説明を受ける。
一つ感じたのは説明がすごく丁寧なところ。チェックする内容はこれまでも説明を受けたが、使う機器も含めてこれからどういった検査をするかを きちんと言葉で説明されたことはなかったと思う。

実際に検診も丁寧にチェックしてもらっているなぁと思っている間に検診は終了。

自分にあう歯医者とは

検診が完了後、医師の方から結果を聞いたところ、「虫歯が一本見つかった。 ただし黒い虫歯で進行が遅いのですぐに処置しなくてはいけないものではないので、ゆっくり考えてみてください」とのこと。 他にも歯の形がかなりきれいであることやかみ合わせの力が強くて歯が一部欠けているところがあるので夜にナイトガードを使ったりするのをおすすめするということも説明を受けた。

説明を受けながら、自分にとって良い(歯)医者とはどういったものだろう?という事を考えたときに一番重視するのは「論理的に説明してくれるかどうか」
黒い虫歯と白い虫歯の話は始めて聞いた話であったし、ナイトガードの提案はこれまで受けたことはなかった。
虫歯の治療にしても、健康保険が効く差し歯とセラミックの違いについて、金額の他にもメリットと(特に)デメリットの説明も行ってくれて説明がとても丁寧。
かなり安心できる医師だなと思ったのと、これなら予約が取れないくらい人気なのも納得した。

コーヒーの黒ずみの除去

以前の記事で書いたとおり、40代に突入するにあたって身だしなみにも気をつけているこの頃。

www.foto2strada.com

人間の第一印象を決める要素として、フォーカルポイント(おでこから胸元までの30センチ)が重要。

【連載】「顔の印象の85%は歯で決まる!」平野ユウイチ 男のためのデンタルスクール | ORETTE.jp

その中でも顔の印象を決める要素として歯は重要だなと常々実感していた。 自分の顔を鏡で見ていていつも思うのが、歯の着色。
コーヒーが大好きで朝1杯のコーヒーは必ず飲むからかすぐに黒ずんでしまうのが悩みのたね。
毎回検診の時には歯を磨いてもらうので今回もリクエストして磨いてもらうことに。

歯を磨くのは、歯科衛生士の方に実施してもらいますが、その処置もすごく丁寧。これまでは結構水しぶきが飛びきってしまうこともあったけれど、今回は顔を覆うタオルも小さくても全然濡れることがなかった。

最後に

殿塚医師も歯科衛生士の方、受付の方もみんな丁寧だったのが印象に残った。 丁寧な処置というのはここのポリシーなんだろうな。
とっても満足することができたので、今後は継続して通うことを決めました。 次回は歯の磨きを優先したためスキップした歯周病の検診。

なんで歯医者ってインテリアに凝っているところが多いのでしょうかね?
内科などに比べても総じておしゃれな印象があります。
今回のとのつか歯科もおしゃれでした。

facebookの2段階認証をGoogleAuthenticationにする

ネットのセキュリティが大切になっており自己責任が求められる昨今。
個人情報の塊であるfacebook。 最近は友達からわけの分からないイベントが送られてくることも多くなったので2段階認証を導入することにした。

まずはアカウントの設定ページから左側のセキュリティとログインをクリック。

下の方に、セキュリティの強化という項目があって、その中に二段階認証を使用という項目がある。
二段階認証をオンにすると方法が選択できる。

GoogleAuthenticationを利用する場合にはコードジェネレーターのサードパーティアプリのリンクをクリックする。
ここがちょっとわかりづらいポイントかな。

クリックするとバーコードの画面が出てくるので、こちらをGoogleAuthenticationで読み込ませるとコードが出てくるようになる。

これで初めての端末からログインした場合に2段階認証の画面が開けばOK。あとはGoogleAuthenticationに表示されているコードを入力すればOK。

こんな簡単に2段階認証ができるのは便利。2段階認証できるウェブサイトはぜひとも導入するべし!!

リフォームノックでスーツの直しを頼んでみた

40代目前の管理人です。

SI会社の中でも比較的服装には寛容な会社に勤めている管理人。
そのためこれまではカチッとした服装でなかったけれど40歳を迎えるにあたって
身だしなみも年相応にしていこうと思ってきました。

そこで仕事はスーツを中心と変えていっているところ。
クローゼットを整理して、つい2年ほど前に購入したスーツを着てみたところウェストのところがブカブカとなっていた。。。
思えばスーツを購入してからファスティングや糖質を控える生活に変えており、5〜6キロほど体重は減っていたなぁ。と。
高島屋のイージー(パターン)オーダーで購入したスーツで、生地がよいものだったのでできれば仕立て直して着続けたいと思った。

スーツの直しは初めてだったので、ウェブで調べたところ以下の記事が参考になった。

洋服のお直し!銀座サルト?リフォームノック?近所の店?どれを選ぶべきか徹底解説! - Alden Style

初めてのスーツ直しなので勝手がわからないので、銀座サルトはハードルが高そう。。。
リフォームノックは銀座サルトに比べるとリーズナブルだけど自分でフィッティングするのがこれまたハードルが高い。。。

どうしようかと悩んでいたら、店舗に来てくれれば採寸してくれるとのこと!!
であれば採寸してもらおうと早速電話をして時間の調整を行った。

さて当日。場所は池袋駅から徒歩8分ほど。スーツを持ってお店へ。
お店は工場そのまま。電話で聞いていたとおり工場なので更衣室はないと聞いていたので驚きはなかった。

いかにも職人と言った感じの方が、手際よく採寸をしてくれた。
パンツの詰めは3センチ。それにあわせてヒップまでの渡りもなおした方がいいとのこと。
ジャケットは確認してもらったところそのままで良いだろうということに。

実際に採寸してもらうと安心感があった。特にジャケットは自分ではわからなかったな。

納得することができたので、注文することに決定。
注文は楽天から実施することにしていったんスーツを渡して帰宅することに。
ヒップまでの渡りは特別注文というだけど、総額は2本のパンツを直して総額は1万円以内に十分おさまった。

ここ数年、(購入するものが多いけどそれ以上に)断捨離を進め余分なものは持たないようにしてきた。
電化製品は仕方ないけれど、洋服や革製品などは気に入ったものをできるだけ長く利用するようにしたいと考えていたので、スーツの直しはその一歩にはよかったか、と。

出来上がりは10日ほどということなので、届くの楽しみだ。

サッカー日本代表戦 日本×ベルギー

サッカー大好き管理人です。 以前は海外サッカーを中心にかなりの試合を見ていましたが、子供ができてからは時間がなくて 観ることができず。最近の選手がわからなかったりしてる(バルセロナに移籍したデンベレなど)

来年に控えたワールドカップ。日本代表への思い入れもいったん小休止していたが、 ブラジル・ベルギーといった今ノリに乗っている2つの代表との遠征は久々にライブで見てみることにした。

日本時間、朝早い時間での開催。 場所はベルギーのブルージュ。ライブで見ているときはわからなかったけどどうやらテロの標的にもされていたらしい。

www.goal.com

ブラジル戦からの先発の入れ替えは、浅野と長澤がチェンジ。
それ以外の変更はなし。個人的には昌子を使うかと思ったんだけど出場は叶わず。 乾も先発から使ってもらいたいなぁと思ったが使われず。ハリルホジッチの中ではジョーカーの位置づけなのか。

ベルギーは、アザールが入っておらず。GKクルトワ(チェルシー)も出ない。

個人的に日本・ベルギーともに見たい選手が出てなくて残念な印象。

前半

前半はブラジル戦とは異なり高い位置からプレスをかけてボール奪取ができていた。 前半のは入りとしては良かったんじゃないかな。と思う。
けど、攻撃の形は全然見えず。ボールは保持できるけどフィニッシュまでいかないので相手も
それほど怖くなかったんじゃないかな。
浅野はボールがきちんとおさまらないしフィニッシュまでいけなく残念な感じ。
大迫のところにボールが入るとなんとかおさめてくれるところは見ていてすごく安心。ボールを奪ったときの 動き出しも早いんだけどパスの出し手が感じておらずボールが出ることが殆どなかった。

中盤の高い位置でぼーるをとったときのショートカウンターのときはチャンスになりそうな場面もあるけれど
ビルドアップして前進するときは肝心な縦パスのときに取られてしまうので攻撃の形が作れないなぁ。といった印象。

総じて守備は良かったけれど攻撃は。。。ってところでした。

後半

ハーフタイムで檄を飛ばされたのか、徐々にベルギーペースに。
サイドを大きく使って攻めてくるようになってきて、前半効果的だったプレスの効かなくなってきた。 フィニッシュまで持っていかれるケースも増えてきて、それとともに中盤がどんどん下がってきて更にプレスが
効かなくなるという悪循環に。 ブラジル戦の前半のような形になってきたかな、 失点はドリブルで切り裂かれたあとにルカクにドカン。 人数が足りていたのに近くの選手がボールにアタックできないのはブラジル戦の2点目と同じ。
ベルギーの攻撃もそこまで脅威は感じなかったけど、逆転する事はできずそのままタイムアップ。

失点シーン

失点シーンは、シャドリに一人でドリブルで3人かわされて、逆サイドのルカクにやられました。
気になったのは、はじめに久保がかわされたあとに他の選手の寄せが遅いこと。 ブラジル戦の2点目も同じ印象なんだけど、一人かわされたりボールフリーになったときの近くの選手の寄せが
遅い気がします。なので人数は足りているのになぁ、といったふうに感じます。 海外サッカーを見ていて思うのは、フィニッシュ近くの場面でのディフェンダーの寄せの速さと強さ。 今回の代表戦を見ている限り最後の一歩に力強さが感じられないな。と思いました。

ゾーンで守っている以上、役割と範囲はあるのだろうけど、日本選手は忠実に守ることをしようとしているように思えます。
持ち場を離れてアクションするのは勇気がいるんだけど、海外選手とくらべると忠実に役割を全うしようとする意識が 強いように思えます。

個人的には失点されたら元も子もないので何が何でも止めるんだ。という力強さはいつようだと思うのですがね。
吉田麻也はさすがプレミアで揉まれているのか力強さはありますね。
(ブラジル戦のPKはやりすぎましたが)

攻撃の形

と入っても守備は2戦通してある程度できていたように思えます。
問題は攻撃。 よく言われてますが今の代表からは攻撃の形が全く見えません。デュエルというキーワードはありますが
ブラジルならともかく日本選手が個人で相手を圧倒することは難しいでしょうから複数人で連動していかないと厳しいとは思います。
ハリルホジッチは攻撃の取り決めしているのかな。。。攻撃に関しては見ていても楽しくないですね。
エディ・ジョーンズ時代の日本代表のように組織で戦う(える)のは、日本人のよいところなんで長所を活かしてもらいたいです。

さいご

1年を切ったワールドカップ。いつもですが守備はある程度計算できるので攻撃をどう組み立てていくか?
これから本番まではそこの熟成が必要なんではないかと思いました。

サッカーは点とってなんぼですからね!!

Chromebookでスクリーンショットを撮る方法

Chromebookでブログ編集をしていてスクリーンショットの撮り方がわからなくて 調べたので備忘のためにメモをします。

利用しているのはChromebook C302CAなので他の機器だと異なるかも

C302CAの場合は、Ctrl(左下)とウィンドウ切替ボタンを一緒に押下することでOK

保存形式はpng形式で保存される。

保存されたファイルはダウンロードファイルに格納されるので必要に応じてGoogleドライブなどに
移動してあげれば他の機器で利用可能。

自分へのメモとして投稿でした。