ガジェットと写真とランニングのblog

管理人が日々の生活で感じたことやガジェットのレビューをつらつらと

エビデンスいっぱい! 世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

健康オタクな管理人です。

巷では健康ネタが氾濫してます。
中には本当に??と思う内容もいくつかあります。
今回紹介する本は昨今の健康ネタに一石を投じる事になりそうです。

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

著者はUCLA教授

著者は、ハーバード大学を経てUCLA助教授として活動する医師です。
この本の特色は最新の膨大な研究論文をもとに複数の質の高い研究で体に良いことが「科学的に証明されている」食事を紹介していること。
巻末の論文の参照数の多さはそれを証明しています。
本書の中では著者の分析に??と思うところがあっても巻末に論文があるので自分で一次情報を確認できるのは一つの安心材料ですね。

次からは本書のポイントである良い食品と悪い食品についてまとめたいと思います。

本当に健康に良い食品5つは?

数多くの信頼できる研究によって本当に健康に良い(=脳卒中、心筋梗塞、がんなどのリスクを下げる)と考えられている食品は、以下の通りとのこと。
一つ気になるのは茶色い炭水化物が健康に良いと述べられている点。
糖質を制限している自分としては茶色い炭水化物も良くないと言う意見もあるのでどちらを採用するかは悩むところです。
自分の経験だと糖質を取るのを控えていたときは便の調子が悪くなったので、ある程度の炭水化物(食物繊維)は取得するべきという意見です。

  1. 野菜と果物
  2. 茶色い炭水化物
  3. オリーブオイル
  4. ナッツ類

健康に悪い食品3つは?

逆に、健康に悪いと考えられる食品は、以下の通り。

  1. 赤い肉(牛肉や豚肉、馬肉、ラム肉など。鶏肉は含まない)
    特にハムやソーセージなどの加工肉は健康に悪いとな。。
  2. 白い炭水化物
  3. バターなどの飽和脂肪酸

ある時期、以下の本でバターコーヒーを実践していたのでバターが体に悪いというのは腑に落ちないところがあるかな。

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

地中海料理が一番健康に良い

日本料理は塩分と白米がネックというのは同意できます。渡しの場合、塩分摂りすぎると身体がだるく感じます。
そのため、塩分を排出するためにも水を多く飲むのは心がけています。
休憩時に炭水化物いっぱいのお菓子を食べるのを避けて、ナッツを食べるなどは実践していましたね。

最後に 自分の身体と会話をしよう

バターコーヒーに始まって気づいたことは、自分の身体と対話するのが一番だと思う。
いろいろな情報はあるけれど、試行錯誤しながら自分の身体にあったメソッドを作り上げま上げてみることが大切だと思います。他の人に効果があったことが自分にも当てはまるとは言い切れないのでね。
大切なのは情報を鵜呑みにせずに自分で検証することですね。