ガジェットと写真とランニングのblog

管理人が日々の生活で感じたことやガジェットのレビューをつらつらと

タクシーに乗って東京のキャッシュレス社会を考える

最近(といっても今年に入ってからだが)、東京でタクシーに乗ると電子マネーで決済できるのが殆どになってきた。
それもSuicaだけでなくiDなどのポストペイ方式も選択できる。

マクドナルドでもSuicaが使えるようになるなど、いつの間にか電子マネーがかなり普及することになっているようだ。

www.itmedia.co.jp

なんで今電子マネーの普及が加速したのだろう?

さて、すごく便利になっているんだけど、一つ普及を加速させているのは訪日外国人の増加じゃないかと思っています。
外国人旅行者の数は2010年からで約3倍になってます。
2011年がマイナスなのは震災の影響でしょう。

訪日外国人 前年比(%)
2009 6,789,658 -
2010 8,611,175 26.83
2011 6,218,752 -27.78
2012 8,358,105 34.4
2013 10,363,904 24
2014 13,413,467 29.42
2015 19,737,409 47.15
2016 24,039,700 21.8

確かに、外国人を見るのはもはや日常の光景となりましたしね。
そんな訪日外国人からの不満で多いのが「決済時のやり取り」とのこと。

訪日外国人にこそ、電子マネーはすごく便利だと思います。

外国人旅行者こそSuicaは便利だよね

ちょっと古いですが、2014年の観光庁のアンケート結果を見ると、訪日外国人が最も困ったトップ5は以下の通り。

順位 困ったこと 割合
第1位 無料公衆無線LAN 環境 23.9%
第2位 コミュニケーション 17.5%
第3位 目的地までの公共交通の経路情報の入手 10.5%
第4位 両替・クレジットカード利用 9.1%
第5位 公共交通の利用方法(乗り方)、利用料金 7.3%

http://www.mlit.go.jp/common/000190659.pdf

結果を見ると第1位を除いてはコミュニケーションによる問題が多い。
支払いについては、タクシーの運転手で高齢の方は、カード決済の端末がうまく使えなくて時間がかかる人も多い。
深夜帰宅で利用すると自分でもイラッとしますしね。
その際に日本語で話しかけられても外国人の方は困ってしまいますからね。
他にはバスのとき小銭を出すのは時間がかかりますしね。

電子マネーであれば決済まで数秒で完結するし、余計なコミュニケーションもいらないので外国人の方こそSuicaはかなり便利だと思うんですよね。

おもてなしプラットフォーム

ところで政府主導でおもてなしプラットフォームというのを推進しています。

この中で一つなんでこんな設計?と思うところは生体認証。
生体認証の情報を他の国(自国でもだけど)に提供しようという人一体どれだけいるのかしら。。。

www.meti.go.jp

経産省とコンサルティング会社主導で進めていて現場感が乏しいのかなとも思ってしまいます。
いずれにしてもなんで国内で圧倒的に流通している電子マネーのSuicaを活用しないのか?疑問に思います。

民間ではSuicaの実証実験もあるのにね。国が後押ししてあげればいいのに。

<訪日外国人向け>交通系ICカードによるデジタルチケット実証実験を実施 | NTTデータ

起爆剤はiPhoneか

iPhone8からは海外で販売しているiPhoneもSuicaが使えるようになりました。
※iPhone7は国内で販売されたもののみ。

下記のページでは実際に海外で購入したiPhone8でSuicaが使えるのかを検証しています。

実験、iPhone 8で外国人が簡単にSuicaを利用できるのか試してみた:モバイル決済最前線 - Engadget 日本版

記事の中にあるように、Suicaアプリを英語でも対応できるようにしたらかなり利用が増えるのではと思います。
JR東さん、言語対応ならすぐにやってみてはどうですかね?

ちなみにJR東海と西は訪日外国人向けに海外から新幹線が予約できるシステムを提供してます。

www.itmedia.co.jp

2020年に向けて

2020年に訪日外国人4000万人を目標にしている日本。
そのためには、新規の旅行者でなくリピーターを増やす必要があります。
日本に来て不満に思っているところを電子マネーで解消する。
それができたら目標にも達するのではないかと、平日昼間のタクシーの中でつらつらと考えたある一日でした。