ガジェットと写真とランニングのblog

管理人が日々の生活で感じたことやガジェットのレビューをつらつらと

E-M1の動体撮影のセッティングにあれこれ思案中

写真大好き管理人です。
現在のカメラはフルサイズとマイクロフォーサーズの2本立てですが、マイクロフォーサーズの動体撮影は思ったような撮影がこれまでできていなかったのが悩みでした。
以下のページを参考にさせてもらいつつ試行錯誤を進めています。

www.ichigank.net

AFはC-AFで

追尾AFを利用していましたが、被写体の追従性があまり良くない。
上の記事を見たところ私だけではなくC-AFのほうが結果的に良いようだ。
早速私もAFはC-AFに変更。

グループフォーカスを利用する

被写体が早く動くときにはシングルフォーカスではなく、グループフォーカスのほうがピント合わせやすい。

連射Hを利用

これが知らなかったポイント。
ファームウェアのバージョンが3.0からは像面位相差AFが機能するのは連写Hの時だけとのこと。
動き者にはコントラストAFよりも像面位相差のほうが良いので今後は動きものは連射Hを利用することにしよう。

私のセッティング

以上を考えて、私のセッティングは以下でまずは撮影してみることとする。 * AFはC-AF * グループフォーカス * 連射H * ISOオート * 絞り優先かシャッタースピード優先かは被写体によって適時選択

これで週末撮影に出かけてみよう。
こちらは新幹線を撮影した一枚。横に移動なので追尾しているかは微妙ーー