ガジェットと写真とランニングのblog

管理人が日々の生活で感じたことやガジェットのレビューをつらつらと

2台目のchromebook導入しました。 ASUS chromebook flip C302

ガジェット大好き管理人です。

今回はサブ機として購入した2台目のchromebookの紹介となります。

愛用していたC100CA

1台目のchromebookは名機との呼び声も高いchromebook flip C100でした。

www.foto2strada.com

詳細は以前に記事にしていたので割愛しますが、重量(890グラム)とサイズ(10.1インチ)が絶妙で愛用していました。
けど、ある不満がありました。

唯一の不満点

不満だったのは、レスポンス。
SoCはRockchip RK3288Cという聞きなれないCPU。中国の会社ですがARMベースのSoCです。
私の用途はブログ執筆とネット閲覧くらいなんですが、私にとっては一つひとつの動作に引っかかりを感じており、ちょっとしたストレスになってました。
毎日使う道具なのでこのレスポンスに我慢ができなくなってきました。

2台目の検討

そこで2台目の検討を開始しました。
メイン機はMacbookpro 15inch(2014)があるため、外出時にもちはこぶことを想定しています。
順当に考えれば後継機種のC101をチョイスするところですが、レビュー結果を見るとC100とそれほど変わっていないという記事も多く、レスポンス向上を目的としている自分にとっては二の足を踏むところ。

そこでサイズが大きくなってしまいますが兄弟機であるC302を比較検討してみました。

C302購入はアメリカAmazonで

C100も米Amazonで購入しましたが、今回も米Amazonで購入。
C100はメモリ4GBのモデルが欲しかったため、海外版を購入するしかなかったですが、英字キーボードに慣れたこともあって今回も海外版を購入。
日本語キーボードがいい人は国内版を購入した方がいいです。

主なスペックは以下の通りです。ポイントはCPUがインテルになったこと。
最近はCoreMモデルも増えてきましたが、発売当初はこのモデルが先駆けだったかと思います。 メモリも4GBなので通常利用には十分なスペックです。

スペック 内容
CPU Intel Core m3
Memory 4GB
ディスプレイ 12.5インチFHD (1920×1080)
ストレージ 64GB
インターフェース USB 3.1 Type-C x2
寸法 / 重量 304 x 210 x 13.7mm / 1.2kg
価格 $499

到着&レビュー

まずは外観

到着しての初ショット

梱包はいつものASUSな感じ

C100に比べるとフラットな天板。個人的にはこちらのほうが好み

米Amazonで購入したので英字キーボード。英字キーボードのほうがシンプルに見えますね。

インテル入ってる!!

ACアダプタはUSB-C。後述するとおりこちらは一度も使用せずです。

レスポンス

今回購入の一番ポイントだったので一番気になるところだったが・・・
結果は、かなり良くなった!!
Core-mのパフォーマンスはchrome bookではかなり上位で、全く不満がない。

インターフェースがUSB-Cに

インパクトあったのがインターフェースがUSB-Cになったこと。
これまでの周辺機器が使えなくなるけれど私の場合Chromebookに周辺機器をつなげることはあまりないので問題なし。
唯一はLTEドングルであるピクセラのPIX-MT100が使えない点だけど、そこはTypeA→TypeC変換機器を使うことでとりあえずは回避。

一方、メリットはUSB-Cで電源供給ができるので、これ専用のACアダプタを持ち運ぶ必要がなくなったことかな。
私は以下を使っています。 PD対応で充電も問題なしです。

トータルで考えるとメリットのほうが大きいです。

画面サイズが大きくなった

10.1から12.5インチへの変更は想像以上にインパクトが大きかったです。
ちょっとした外出に利用していたバッグに入らなくなったので持ち運びするためのバッグは再考する必要が出てきました。
ディスプレイのサイズアップによる解像度の向上もあって、画面はかなり細かく表示されるようになりました。
個々はサイズとのトレードオフなので自分が何を求めるかによると思います。

携帯性

画面サイズアップとともに携帯性は落ちた。ちょっとした外出に持ち運べるという意味ではC100は偉大だったなぁ。

タッチパッド

ASUS製品はタッチパッドの反応がすこぶる良い。Macを使っている身としては会社のWindowsPCのレスポンスの悪さには辟易してるところがある。OSとPCメーカーが分離しているから仕方ないかな、と思っているところもあったけど、ASUS製品を使うとそうとも言えず、WindowsPCメーカにはさらなる期待をしたいですね。

良い相棒ができました

総じてクオリティが高いなと思います。メイン機はMacですがChromebookの思想には共感できるところもあり外出時には積極的に利用していこうと思います。
Androidアプリにも対応しているので徐々に使っていこうと思います。
どうもインテルCPUは相性が悪いようですが、そのへんもレポートできれば。。。