ガジェットと写真とランニングのblog

管理人が日々の生活で感じたことやガジェットのレビューをつらつらと

キャッシュレス・財布なし生活へ EdyストラップとAppleWatchの組み合わせ

AppleWatchを購入したのは以前に記事にしました。

www.foto2strada.com

その中でSuicaとiDを愛用しており、ほぼ日常の小額決済はキャッシュレスとなり財布を取り出さなくてもすむようになりました。
ただ、会社でEdyを利用する機会があって財布はどうしても手放すことが出来ず。。。
さらなるキャッシュレス生活をするために新たな導入をしたのが今回の記事になります。

はじめに考えた組み合わせ

AppleWatchを導入したことで財布を持たない生活は想像以上に便利でした。
ですので、当初はAppleWatchをもっと活用しようと考えました。
そこで考えたのがwena wrist。
ネットで調べるとAppleWatchのバンドにつけるという解像をしている記事もみつけかなり悩みましたがwena wristの値段が高いのと、ステレンスバンドが重いので運動時と睡眠時に負担がかかるので断念しました。

wena wristとApple Watch Series 2を合体してみた

いつかはやってみたい。この組み合わせ

あ、Edyストラップがつかえるんじゃね?

そこで次にいろいろ調べてみると、Edyストラップなるものが販売されていることに気づく。
あ、これキーホルダーと合わせたら良いんじゃないかと思いつきました。 値段も手頃なので購入して見ることにしました。

Edyでオートチャージをしてシームレスに

これでEdyは手に入れましたが、次の課題はチャージ方法。
せっかく財布を持たなくてすむようになったのに、決済時に残高不足になってしまうとチャージのためにお金が必要という、財布を持たない生活ができなくなってしまいます。
そこで現金ではないチャージ方法がないかを調べました。
調べてみると、Suicaのようなオートチャージもできるようですが可能なのはEdyつき楽天カードかおサイフケータイのみ。。。

edy.rakuten.co.jp

更に調べてみると、自動的にチャージはされないけれど事前に楽天カードの登録をしておけば、Edyギフト機能を使ってファミマの端末でチャージ可能になるということがわかりました。これ使うしかないでしょ!!
ファミマでチャージできれば私の場合ほぼ問題がないです。
ということで、楽天カード+Edyストラップでキャッシュレス生活が完成しました。

楽天e-NAVI: いつでもEdyチャージ(自動設定)とは

AppleWatchでSuica/iD利用の便利なところ

iPhoneXを使っている私。だけど電子マネーはAppleWatchを使っています。
AppleWatchで電子マネーを使うと便利なところは、いちいちiPhoneを取り出さなくてすむところ。 特に右手につけていると電車の改札がすごくスムーズに通れる。
右手に腕時計をつけるのは初めは慣れなかったり人目を気にしていたけれどももう慣れましたね。

改札を通るときの手首を返さなくても通れるか問題はまだ怖くて試せてません。止めると恥ずかしいし

財布なしの生活

AppleWatch+DEdyストラップで、都内であればほぼ財布なしの生活が完成できました。
財布を持たない生活は想像以上に便利です。
便利すぎて通勤時に財布を忘れてしまうことがあるのは難点といえば難点ですね。 ふと振り返ると、ここ数日現金使ってないなぁ。 電子マネーの生活便利ですよー。