ガジェットと写真とランニングのblog

管理人が日々の生活で感じたことやガジェットのレビューをつらつらと

楽天ビック誕生から、Amazon帝国への対抗を夢想してみる

昨日の朝は楽天 BIG が開設されたことが各種ニュースになっていました。

www.nikkei.com

NEWS の中では Amazon への対抗というのがクローズアップされていましたが、日本の小売が Amazon 帝国に対抗できるんだろうか考えてみました。

Amazon の強み

アマゾンの強みは何と言っても年3900円のプライム会員の充実したサービスです。

www.foto2strada.com

アマゾンを使い始めたのは、プライム特典である送料無料とお急ぎ便でした。
今でももちろん強みなのですが、さらにプライム特典として今ではプライムビデオやプライムミュージックなどが利用できることも使い続けるメリットとなっています。

値段が安いこと。
他の EC サイトに比べて値段が安いことのメリットだと思います。他のサイトに比べてなんでこんなに安いの?と思う商品も多いです。
大量の注文があるので価格競争力が強くできるのですかね。
最近は必ず一番安いわけではないですが。。。

楽天 BIGの強み

楽天ビックのつよみは楽天ポイントを使えることですかね。
楽天はECから金融まで多くの事業を行っておりそのいずれでも楽天ポイントが使えるのは消費者からみると利便性は高いですね(囲い込まれている。という考え方もありますが)

つぎに実店舗の商品在庫確認して店頭で直接を引き取ることができることもメリットになると思います。
都内で仕事をしているひとであれば、日中に在庫を確認して注文して帰りに引き取ることが可能になりますし、その際に実物を見ることもできるのは良いですよね。

意外なメリットになるのが、大型家電の設置の工事などオプション提供かと思っています。 Amazonでは大型家電であっても商品は玄関まで、設置は自分たちで実施する必要がありますが、家電量販店と連携してオプションサービスも一緒に提供できるのは特に高齢者などには大きな訴求ポイントになるのではと思います。

ちなみに、楽天はビックカメラだけではなく、ウォールマートとの提携も発表しており、オフラインとオンラインの連携を強める戦略を強めていますね。

www.bloomberg.co.jp

どちらを選ぶか

もともと Amazon 使い始めた理由であった当日配送は、ビックカメラでも実現しているので、今となっては差別化にはなりえないです。
それでもアマゾンを使っているのは、きちんと時間通りに届くという安心感でした。
が、その安心感は実は Amazon ではなくて物流会社のサービスに依っていたことが最近の配送会社の変更に伴うトラブルで明らかになりました。

buzz-plus.com

というわけでAmazonを選択するのはことECだけであれば低下してますが、先に述べたプライム会員の充実した特典は依然として高いポイントです。

実店舗との連携は魅力的ですけれども、設置スペースに限りがあるところでどこまでメリットを出せるかというのがポイントになるかなと思います。
ネットでの販売実績をもとに商品在庫にうまくつなげることができれば、ネットとリアルの連携は大きな強みになるのではないかと思います。

実は生鮮食品のほうが勝ち目があるのでは

個人的に、家電よりも生鮮食品の方がAmazonとの差別化はできるのではないか思ってます。
生鮮食品は鮮度が命なので、現地のスーパーと連携して消費者から近いスーパーから配送してお客さんに届けるという事ができるようになれば、短距離物流においてネットとリアルの連携のメリットを享受できるのではないかと思います。

ネットとスーパーの対決をテーマとした小説があります。
刊行されたのが2016年ですが、去年の騒動をすでに予見していたところは鳥肌が立ちました。

ドッグファイト (角川ebook)

ドッグファイト (角川ebook)

さいごに

今はAmazonのヘビーユーザーですか、消費者にとってはより良いサービスが出てくることで利便性が高まるのはウェルカムです。 日本企業には頑張ってもらいたいですね。