ガジェットと写真とランニングのblog

管理人が日々の生活で感じたことやガジェットのレビューをつらつらと

ITスキルって何? 時代・世代によって変わるスキルたち

ちょっと前の記事で、日本のビジネスパーソンは iITスキルが低いと自己分析している。というのを見つけました。

www.itmedia.co.jp

調査によると、デジタルテクノロジーのスキルについて、日本は「素人」または「中程度」と自分を評価する人が58%に上り、先進7カ国のうちIT活用に対する苦手意識が最も高いことがわかった。

そこで IT スキルとはなんだろう?と考えたことをまとめたいと思います。

ITスキルって何

単純にITスキルと言われたときに考えることは人それぞれだと思います。

  • ブラインドタイピング?
  • 効率的にググる(検索できる)こと?
  • Excel を使えること?
  • プログラミングスキル?

など色々あると思います。

文字入力(ブラインドタッチ)

私は現在39歳で、人並みにはブラインドタッチは行えるレベルだと思います。 ブラインドタッチを意識したのは、大学の卒業論文を執筆する時でした。 研究室で北斗の拳のタッチタイピングをして練習したのはよい思い出でした。

今の世代(中高生)はどうしてるかとちょっと調べてみたら、PCを持っていないという子も多く文字入力はスマホで行うというのが多いようです。

tmaita77.blogspot.jp

なので、文字入力というとフリック入力というのがデフォルトで、大人たちがキーボードのタッチタイピングするのは時代遅れと感じているかもしれません。

更に若い世代はどうかというと音声入力を活用しているようです。自分も音声入力を使い始めその効果を実感し、今更ながら音声入力を使いこなそうと努力していますが、今の小学生たちはすでに音声入力がデフォルトと言うのは驚きです。

www.foto2strada.com

www.foto2strada.com

検索の仕方

今の若い世代というのは占いと言っていたことがあります検索すると Twitter で検索をしたりとかして検索するというのが主流のようです。

www.promotion173.com

ググるためには、どういった単語を入力すれば求める答えが返ってくるのかを考える必要がありますが、それよりも人に聞いたほうが遥かに効率的です。
若い人がググらずに、すぐ人に聞くのはそういった意味では非常に合理的だと思います。
音声検索の進歩も後押しているように思えます。
人に聞いた方が効率いいからといって何でもかんでも聞くと怒られますので、スマホの音声入力でSNSに聞くというのが増えているのかなと思います。

オフィスソフトのスキル

ITスキルと言って真っ先に思いつくのはエクセルやパワーポイントのようなオフィスソフトの知識。
日本の社会にとっては 必須といって良い知識だと思います。
グローバル企業でポイント使わのを禁止している企業もあります。どこかというとそれは Amazon です。

lrandcom.com

「パワーポイントはプレゼンする側を楽にさせ、聞く側を混乱させる。」(ジェフ•ベソス)

プレゼンで大切なのは内容。若い頃はアニメーションを多用していたようにも思えますが最近の資料を見直すと内容を重視してできるだけ演出は排除していました。 結果、パワーポイントに特化したスキルというのは必要なくなってきてます。

まとめ 世代によってITスキルって様々

これまで述べてきたとおり、IT スキルと言っても時代・世代によってさまざまということがわかります。
大切なことは 常に最新の動向に目を向けて、新しいものをキャッチアップして身につけることだと思います。
私の世代にとって、音声入力が実用的になるとは、想像つかなかったことです。
私自身も時代に取り残されないように、日々新しい技術をキャッチアップしていこうと思います。