ガジェットと写真とランニングのblog

管理人が日々の生活で感じたことやガジェットのレビューをつらつらと

クオリティの高い仕事 もち豚とんかつたいよう

美味しいとんかつ屋さんシリーズ第3弾です

今回は武蔵小山というローカルな場所でやるとっても絶品なとんかつ屋さんの紹介です。

武蔵小山のとんかつ屋さん

大田区・品川区はとんかつのおいしいお店が多く肉好きとしてはとっても嬉しい地域。
今回はその中でもローカルな武蔵小山にあるもち豚とんかつたいようさんに行ってみました。

関連ランキング:とんかつ | 武蔵小山駅西小山駅戸越銀座駅

武蔵小山はとっても長いアーケード通りがあり、親しみやすい雰囲気は好きな街です。
ただ自宅からは少し離れているのであまり頻繁に訪れるわけではなく。。。

今回紹介するたいようさんは前々から興味はあったのですが、そんな理由でなかなか来ることができませんでしたが、今回まとまった時間が取れたのでようやっと訪問することができました。

ネットの情報によると11時ごろに到着すれば11時半開店の第1陣にはいれるとのこと。11時少し前に到着すると、すでに前には数名並んでいる人がいましたが、第1陣には滑り込むことができました。
週末であれば11時前に到着するのがベターです

30分ほど時間をつぶしていると暖簾が準備されていよいよ開店となりました。

お店はカウンターのみ。座席は9名ほどのこじんまりしたお店でした。
ビールやつまみもありますが今回は上ロース定食一択!!
と思いましたが、前の人の注文を聞いているとメンチを追加する人が多かったのでメンチも一つ追加注文しました。

店内を見渡すと揚げ鍋は銅製。期待が高まります

並んでも食べる価値あり

注文を受けてから衣をつけて揚げ始めるので期間は結構かかります私の場合は20分から15分ほどかかりました。 奥の席から順次提供されていきます。 私は8番目くらいでしたので少し待ちました。

一つ取り上げてみるとお肉はほんのり、お肉の真ん中は赤いレアな状態で、揚げ加減は絶妙です。 いまいちなとんかつは、肉に完全に火が入ってしまい、黒ずんだパサパサな状態なものありますが、ここのとんかつはそんなことはありませんでした。

ソースでも食べれますが私は塩を選びました。ソースだと主張が強すぎるので、美味しいとんかつを食べるときは塩で食べるのが必須です。

ひときれ口に含むと柔らかくて肉汁が溢れ出てきました。口の中で肉が溶け出だす感覚です。 うーんこれはうまい!

一緒に提供されたとん汁も鰹の出汁がしっかりと濃厚なお味でした。

じっくりと味わいながら15分ほどで完食。 お腹に持たれることもなくペロッと平らげました。 これなら追加でもう一品頼んでも食べれそうでした。

店内は急かす雰囲気もなく、ゆったりと自分のタイミングで食べられます。 お二人で切り盛りしているので大変だとは思いますがずっと続けてほしいお店です。

お店を出ると長蛇の列ができてました。早い時間に行くことがおすすめですね。

さいごに

週末、美味しいトンカをたべて贅沢な気持ちになった一日でした。 みなさんも贅沢なひとときを過ごしたいならおすすめです。