ガジェットと写真とランニングのblog

管理人が日々の生活で感じたことやガジェットのレビューをつらつらと

ChromebookでVSCodeを試してみる vol.1

愛用しているChromebook Tab10
日々動画鑑賞やKindleなどのインプット作業に大活躍となっています。
概ね満足しているのですが、欲が出てくるのが人間というもの。
外出先のちょっとした書きものをしたいと思うことが出てきました。
Chromebookで使えるテキストエディタはあるのですが、どうせなら普段使っているエディタを使いたい。
ということで今回はChromebookでVisualStudio Codeを動かしてみた記事となります。

まずはLinuxのインストール

ChromebookでVSCodeを動かすにはLinuxをインストールする必要があります。
愛用しているChromebook TabはCrostini対応の機種です。
設定変更は簡単です。設定画面でCrostiniを有効にするを選択すればインストールが始まります。

インストール後パッケージの最新化を忘れずにしましょう。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get -y upgrade

入力メソッドにfcitx

デフォルトではLinux上で日本語入力ができません。入力するにはfcitxをインストールする必要があります。

mozcはGoogleが開発しているGoogle日本語入力にも使われてます。

arm64版はパッケージにないので、Debian Buster用のリポジトリーを追加してあげることでインストールすることが可能となります。

まずは/etc/apt/sources.listに以下を追加します。

deb http://ftp.jaist.ac.jp/debian buster main
sudo apt-get update  #パッケージリストのアップデートを忘れずに

リポジトリを追加したらapt-getコマンドでインストールすることができるようになります。

sudo apt-get install -y fcitx-mozc
fcitx -v #version情報が表示されればインストール成功

フォントの追加

notoフォントのインストールはapt-getで実行可能です。

$ sudo apt-get install fonts-noto

fcitxの設定

fcitxの設定ですが、以下のコマンドで実行できます。

fcitx-autostart
fcitx-configtool

以下設定方法です。

まずは入力メソッドにmozcを設定します。

左下の方の+ボタンを押して表示されたポップアップの、Only Show Current Language のチェックボックスを外します。
Search Input Methodをクリックして、mozcと入力すると、表示されるmozcをクリックして追加完了となります。

次にフォントの設定です。

画面上部のAppearanceタブを選択します。
fontのところに表示されているフォント名をクリックします。
search font nameをクリックしてNoto Sans CJK JPと入力すると表示されるNoto Sans CJP JP Regularを選択します。
Menu fontの方でも同じように設定します。

VSCodeのインストール

まずはパッケージのインストールです。 リポジトリにはないので、以下のページからダウンロードを行います。

https://github.com/headmelted/codebuilds/releases

保存先はペンギンの絵があるLinuxファイルを選択します。ここに保存されたものはLinux上からも利用することができます。

次にaptコマンドでインストールを実行します。

sudo apt -y install 先ほどダウンロードしたパッケージ名

これでoss-codeというアイコンで新しくVisual Codeがインストールされています。

ここまででChromebook上でもVisualCodeが表示されました。

このままでは不便なので次の記事で設定を紹介していきたいと思います。