ガジェットと写真とランニングのblog

管理人が日々の生活で感じたことやガジェットのレビューをつらつらと

暑い夏に水出しコーヒーを HARIOのフィルターインコーヒーボトルでマイルドなコーヒーを淹れよう

暑い日が続いてます。 毎日朝にコーヒーを淹れるのが日課でしたが、こう暑いと火を使うのも億劫になります。 そこで前から試してみたかった水出しコーヒーを導入しました。

水出しコーヒーの効用

連日35度を超える真夏日が続いていると、できるだけキッチンで火を使いたくなくなります。 そんな動機から水出しコーヒーを試そうと思い立ちましたが、水出しコーヒーは良いところがいっぱいのようです。

カフェインが少ない

熱を加えずに時間をかけて抽出するので、カフェイン含有量は半分くらいになります。
睡眠の質を安定させるためにカフェイン摂取を減らしている私なので、カフェインが少ないのは良い点です。

タンニン(苦味)が少ない

熱を加えないのはタンニンも減らすことができます。苦味を抑えることができます。
苦味がコーヒーの醍醐味というのもありますが、夏場は辛かったりする時もありますからね。

まろやかな味わい

カフェインとタンニンが少ない一方で、旨味成分であるテアニンが抽出されます。その柔らかく優しい風味のあるコーヒーとなります。

水出しコーヒーで用意したもの

水出しコーヒーを実施するにあたって用意したのは以下の者たちでした。

HARIOのフィルターインコーヒーボトル

コーヒーボトルは評判の高いHARIOを使うことにしました。

後述しますが、このボトル。利用することを考えられて利便性が高いものでした。

コーヒー豆

コーヒー豆はネットで評判の高かったUCCのコールドスペシャルにしました。

ネットでは値段の高い出品も見受けられるので注意が必要です。 私の場合は近くのスーパーに売ってました。スーパーでは増量キャンペーン中だったのでネットで買うよりお得でしたね。

作り方

水出しコーヒーは8時間ほど抽出にかかります。ですので準備は夜に行います。

豆はボトル満タン(750ml)の容量にたいして、32グラムとしました。

豆を測ってボトルに投入します。
ボトルへの装着はフタ部分につける形でセットします。

ここでこのボトルの良い点の紹介です。
それはフィルターの目が細かいため、ボトル内にコーヒー豆が混入することがないところです。

ボトルに豆をセットしてあとは冷蔵庫にイン!!
たったこれだけです。

うーん、楽ちんです。

お味は?

朝になって冷蔵庫から出してみます。
おお!しっかりとコーヒーができてました。

早速コップに注いで飲んでみることに。
ボトルの先端がキャップになっており、キャップを開けてすぐに注ぐことができます。

ここでこのボトルのもう一つの優れたポイントです。
それはコーヒー豆をセットする上部もフィルターとなっているところ。
それによってボトルにフィルターをセットしたままコップに注いでもコーヒー豆が混入することがないところです。

飲んだ結果は、これまでのコーヒーとは違う味わいです。大きいのは口当たりの柔らかさ。ホットコーヒーの苦味や渋みがなくかなりスッキリした味わいです。コーヒー特有の苦味や酸味が好きな方には物足りないと思うかもしれませんがこれはありだと思います。
なによりカフェインが少ないのは飲んでいてわかります。とっても優しいお味です。
カフェインを減らす生活をしている最近の私にはまさしくぴったりなお味です。

ボトルの容量(750ml)も適度。自宅では私しかコーヒーを飲まないので朝飲むのと会社に持っていくのを合わせるとちょうどよい容量です。

さいごに

水出しコーヒーは暑い夏にぴったりなものでした。 スタバでもCold Brewの名前で販売していて、栄養的にも優れている水出しコーヒー。 自宅でかんたんに作れるのでぜひともおすすめです。 今年の夏はこれで乗り切ります!!