ガジェットと写真とランニングのblog

管理人が日々の生活で感じたことやガジェットのレビューをつらつらと

GARMINも使っている僕がApple Watchを手放せない理由を語る

ウェアラブルデバイスをつけてる人が多くなってきましたね。 ウェアラブルデバイスといえば、アップルウォッチはまず真っ先に思いつくことでしょう。 ただアプローチよりもGarminの方が良いという記事も多く見かけます。 Apple WatchとGarminどちらも使っている私にとって、Apple Watchを手放せない理由を述べたいと思います。

Apple WatchよりGarminがよい記事をいっぱい見る

Garminが良いという記事をよく見かけます。

www.landerblue.co.jp

これらの記事は私も共感できるところが数多くあります。
特にライフログを取るのが主目的、という人であればApple WatchよりもGarminがよいのではないかと思います。

  • アップルウォッチよりもGarmin の方がはかなり安い
  • アップルウォッチよりも電池の持ちがよい。
  • 常に画面表示がされている。Apple Watchは手首を返さないと画面が映りません。
  • 睡眠機能がデフォルトで搭載されている。Apple Watchもアプリを入れれば利用できます。私が利用しているアプリはAuto Sleepです。

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します

  • Tantsissa
  • ヘルスケア/フィットネス
  • ¥360
apps.apple.com

それでもApple Watchを手放せない理由

Garmin推しが多い中、私がApple Watchを手放せない一番の理由は「たすくま」というアプリです。

Taskuma --TaskChute for iPhone

Taskuma --TaskChute for iPhone

  • Sayaka Tomi
  • 仕事効率化
  • ¥3,600
apps.apple.com

ここ数年、私はタスク管理に「タスクシュート」を利用してます。
タスクシュートをご存じないかたは、以下の記事をご覧ください。

goryugo.com

タスクシュートを iOS で利用するためのアプリが「たすくま」になります。
タスクシュートを使うことを一言で言うと、1日の作業を可視化できることになります。
私はたすくまを使うために、 iPhone を使い続けていると言っても過言ではありません。
そんなそんなたすくまラブの私ですが、アップデートでApple Watchで記録できるようになりました。
リリース直後、iPhone を用いずにApple Watchをつけた手首で開始と終了に記録をつ蹴られることで、世界が変わる雰囲気を感じました。
ただ当時は確かApple WatchはSeries2でしたが、レスポンスが悪すぎて使い物にならずiPhoneで記録したほうがストレスがなくて結局Apple Watchのアプリは使わずじまいでした。
Series4になりApple Watchのレスポンスが大幅に向上したことで、Apple Watchのたすくまは実運用に耐えられるようになりました。

www.foto2strada.com

料理を作っている時など、iPhoneを取り出せない時にApple Watchで記録できるようになり数年ごしで世界が変わったことを感じることができました。
一度この生活に慣れてしまうと戻れない。。。
ApplePayとあわせて手首で完結するワークフローは生活の必需品となってます。

www.foto2strada.com

さいごに

たすくま(とApple Pay)が私にとってのキラーアプリでした。

Apple WatchはiPhoneとセットです。 なのでiPhoneからも離れられないのですが、ココ最近のiPhoneはAndroidに負けているとこも数多く。とくにカメラ機能は周回遅れに。
現在カメラ機能番長はHuaweiのP30 Proですね。夜景がエグすぎる。。。

www.foto2strada.com

今秋のアップデートではiPhoneから独立する方向が示されているApple Watch。
単独で利用できる機会が増えてくるとiPhoneはどうしようかな。。。と思ってます。
たすくまがあるから離れられないんですけどね。

Apple WatchはSeries4でパフォーマンスが劇的に向上しました。

私が使っているGarminウォッチ。ランニングだけならこれで十分です。