ガジェットと写真とランニングのblog

管理人が日々の生活で感じたことやガジェットのレビューをつらつらと

ゲーム業界の破壊的イノベーション Goolgle Stadia

GDCでGoogleが新しいゲームプラットフォームを発表しました。 とっても未来的な内容でワクワクしました。 個人的に気になったところをまとめていきます

クラウドプラットフォーム

Googleがプラットフォームを作るならクラウドはデフォルトですね。 ゲームで気になるのはレイテンシーです。 Stadaの大きな特徴はサーバーをプレイヤーの近くに置いていること。
5Gになると通信環境が大幅に改善されるため、できるだけ携帯電話網近くにサーバー置くとメリットが大きくなります。

ただし5Gになって速度が劇的に速くなるといっても、それは携帯電話網の話。
インターネットの世界に入ったときはまた別の対策が必要になるのは注意です。

加えて「エッジ・コンピューティング」の考え方も採用しています。
必要なものはローカル処理で済ませることの合わせ技でできるだけ遅延を少なくする努力をすることでレイテンシーを下げる努力をしてます。

youtubeの動画を見ると多少のカクつきはあるみたいですが、そんなに気になるレベルではなさそうです。テクノロジーの進化はすごいですね!

youtu.be

クラウドで処理するので端末はスペックが低いものでも処理可能。デモではChromebookやChromecastでもゲームを楽しめるようになるようです。

コントローラーはクラウドに直接接続

コントローラーはWi-Fiで直接クラウドに接続。 ここも未来感があるところですね。 後述するシームレス化にも貢献してますね。

game.watch.impress.co.jp

シェア&YouTube連携は今の時代の必須機能

シェアができるのは最近のゲーム機としては当たり前なのですが、Stadaのポイントは任意のタイミングからゲームに参加できるとのこと。 これ一体どういうこと?と思いますよね。
例えばYouTubeにアップされたトレーラーを視聴した後、画面にゲームのアイコンが表示され、それをクリックすると今トレーラーで観ていたゲームをダウンロードやインストール「なし」に、即座に遊び始めることができるというものです。
同じGoogle傘下であるからこその連携ですね。

さらにコントローラーにあるYouTubeシェアボタンを押すと、簡単に配信できます。
配信で問題になるのは配信する端末のスペック。これまでだと配信も自分の端末でやらないといけないため、ゲームと映像配信というスペックが必要な処理を同時に実施する必要がありマシンスペックも求められました。
Stadiaであればクラウドのリソースを必要に応じて割り当てるので、マシンスペックの問題を考えることなく手軽に配信ができるのは魅力的ですね。 さらに配信中のゲームに視聴者が飛び入り参加できるという「Crowd Play」機能も搭載しており、Google傘下である強力な連携が実現してます。

最近のゲーム業界は、「ゲームを視聴する」というスタイルが普及しているのでYoutubeとの連携は肝になると感じます。

端末間の移動がシームレス

Nintendo Switchもびっくりの端末間をシームレスに移動できます。 家ではChromecastでテレビで遊んでいて、Chromebookで別の場所に移動して続きを行う。といったことも可能になるのかな。。

youtu.be

Switchが出たときよりもさらにびっくりです。 これが普及するとゲーム機という概念は消滅してしまいますね。

ビジネスモデルはどうなるのかしら

クラウドゲームという考え方は昔からありましたがなかなか普及してこなかったです。 スマホの性能アップで据え置きゲーム機はなくなるのでは?といった話もありましたが今プレステ4は絶好調です。

www.businessinsider.com

en.wikipedia.org

要因はゲームのハイスペック化です。
マシンスペックが上がるよりもさらにゲームが求めるの要求が高くなっています。
以下の記事ではモバイルゲームの比率が上がってくるだろうという予想をしてますが、コンソール(据え置き機)の売上も伸びているので全体のパイが増えているという形ですね。

boxil.jp

AAAと言われるゲームタイトルの囲い込みは後発であるゆえの課題かもしれませんが、ここ最近のゲームタイトルはマルチプラットフォーム化が主流で独占という概念がなくなってきているので大きな問題にはならないと思います。

一番大き課題は課金だと思います。 今回は開発者向けの発表なので、課金の詳細はなかったです。
ダウンロードして遊ぶことになるので、ビジネスモデル的には定額制がマッチするとは思いますが、その場合ソフトウェアハウスはコストを回収できるのか?というところが気になります。
前述の通り最近のAAAタイトルは開発費が高騰していますので。

最後に

元ゲーム好きとしてはすごく期待している技術。 これは破壊的なイノベーションそのものといった感じです。
これに負けじとSONYと任天堂にも頑張ってほしいものです。
切磋琢磨してくれることでゲーム業界も一つレベルが変わるでしょうね。
うーん。楽しみです。