ガジェットと写真とランニングのblog

管理人が日々の生活で感じたことやガジェットのレビューをつらつらと

おうちハックへ向けてサーバーをRaspberry Piで構築 vol.1

ガジェット大好き管理人です。 以前IRKitを使ったおうちハックを記事にしました。

www.foto2strada.com

www.foto2strada.com

www.foto2strada.com

今回はさらなるおうちハックのため、まずは自宅サーバーを立てる話となります。

サーバーはラズパイ

おうちハックサーバーを立てるにあたって今回はラズパイを導入することにしました。
ラズパイであれば、とても小さく自宅で嫁プレッシャーも最小限にすることができるからです。
前から興味があったのもありますけどね。 購入したのは以下のRaspberry Pi3となります。

事前に必要なもの

MicroSDカード。8GB、かつ、Class4以上が推奨。
SDカードに焼くためのソフト。Etcherをダウンロードしてインストールしておく
USBキーボードとHDMIで接続できるモニタ(テレビで代用可) ※SSHを有効にするまで利用するもの。

bootイメージの作成からRaspberry Piの起動まで

まずはbootイメージの作成です。必要なのはmicroSDカードとEtcherになります。

microSDカードへの書き込み

Download Raspbian for Raspberry PiのサイトからRaspbianをダウンロードして解凍します。
microSDへの書き込みはEtcherというソフトを使います(当方Mac)

etcher.io

Etcherのサイトでダウンロードしたソフトを起動して、Raspbianのイメージファイルと書き込み先のMicroSDを指定して書き込みます。

書き込みが完了したらmicroSDをRaspberry Piに差し込んで起動します。
Raspberry Piには、USBキーボードとHDMIケーブルでモニタを接続します。

Raspberry Piの設定

Raspberry Piへログイン

初回ログインのユーザとパスワードは以下となります。
初期ユーザー名:pi
初期パスワード:raspberry

無線LANの設定

無線LANのパスワードを設定します。

$ sudo sh -c 'wpa_passphrase "ssidxxxxx" "password" >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf'
※ssidxxxxx というSSIDにパスフレーズpasswordで接続する例。

raspi-config による設定

Raspberry Piの設定は専用の機能で実施します。

$ sudo raspi-config
Timezoneの変更

Timezoneを選択して、Asia->Tokyoと選びます。

Localeの変更

Change Localeを選択して、ロケールをja_JP.UTF-8 UTF-8を選択します。
システムの言語も変更するか聞かれるのでYesと答えます。

sshdの有効化

Interfacing Options->sshと選択して、Yesを選びます。

Rasbianのパーケージを最新のものに更新

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get dist-upgrade # OSのアップグレード

本体のファームウェアのアップデート

$ sudo rpi-update

いったん完了

ここまでで一度再起動を行います。

$ sudo reboot

ここまできちんと実施できていればsshで接続することができるので、これからはMacでつなぎます。

$ ssh pi@raspberrypi.local

ユーザーの変更

つぎにユーザを初期ユーザ(Pi)から変更します。
まずはユーザの追加です。

$ sudo adduser username(例 新規ユーザー:username)

つぎに、ユーザPiに設定されているグループを作成したユーザに追加します。
まずは初期ユーザ(Pi)のグループを確認します。

$ groups pi

作成したユーザにグループを追加します。

$ sudo usermod -G pi,adm,dialout,cdrom,sudo,audio,video,plugdev,games,users,input,netdev,spi,i2c,gpio username

作成ユーザにちゃんとグループが追加されたか確認します。

$ groups username

作成したユーザにログインできるか確認します。

$ su username

パスワードを入力してユーザが変更されればOKです。

初期ユーザはセキュリティを考慮して削除しておきます。

$ sudo userdel -r pi

ここまでRaspberry Piの設定は完了です。

さいごに 次回予告

途中何度かミスりましたが、しっかり手順を踏めば誰でもできるかと思います。
次回はおうちハックのためのHubotの導入を紹介したいと思います。