ガジェットと写真とランニングのblog

管理人が日々の生活で感じたことやガジェットのレビューをつらつらと

MacBook Proをデコレーション wraplus for MacBook Pro 13 インチ を導入してみた

久々に新しいノートPCとしてMacbookProを購入しました。

www.foto2strada.com

これまでノートPCには余計なものはつけず裸で使っていました。
が、MacbookPro購入に際して、これまで使っていたMacbookProを売却した際、擦り傷がかなり気になりました。
Apple製品はリセールバリューが高いのでせっかくならきれいに使っていきたい。
今回のMacBook Pro購入を契機にスキンシートを導入することにしました。

スキンシールの効果

基本ガジェットは新しいものを購入したときにはヤフオクなどで下取りに出す私。
せっかくなら新しいオーナーにはできるだけきれいな状態で引き渡したい。
ノートPCだと丁寧に利用していても細かい擦り傷等は発生してしまいます。
ただし擦り傷はなくしたいがせっかくかっこいい外観にいかにも守っています。というプロテクターはつけたくない。
そんなMacBook Proの格好良さをスポイルしないものとしてスキンシートを試してみようと思い立ちました。
前々からAmazonで評判の高かったこちらの製品は興味がありましたが、ノートPC新調を機に、スキンシートを合わせて購入しました。
色々あるデザインのなか、カーボン調のスキンシートを選びました。

貼り付けはコツが必要

さて商品が到着したので、早速貼り付け作業をしてみることに。
はじめにアルコールでMacbookProをきれいにします。

きれいに貼るコツは、実機を使ってシミュレーションすることです。
貼り付け面積が大きいとシートを貼る難易度が加速度的に上がります。
液晶保護シートも6インチ程度であればきれいに貼ることは出来ますが、10インチを超えるとかなり大変で大体1回ではきれいにはまらないです。
いきなり貼るのではなく、イメージトレーニングすることでかなり変わってきます。

本シートは、動画にある通り貼る前に少しだけずらしておくことがポイントです。


wraplus for Macbook Air 13インチ 【ガンメタリック】スキンシール 貼り方説明

少しずつシートをずらしていくことで、微調整をしながらきれいに貼り付けていきます。

一番の難しい天板部分はこんな感じになりました。

貼り付け完了はこのようなスタイルに。
リンゴマーク部分も少しずれましたが、まあ許容範囲に収まったと思います。

天板以外のパーツを一つずつ丁寧に貼っていきます。
側面もジャストサイズな寸法。

パームレスト部分は他の部位に比べるととっても簡単。

全般的に良い仕上がりではないですかね!?

実際に使ってみて

実物は想像しているよりも厚手でしっかりしたものでした。
専用設計なので無駄な部分もなく良い感じです。

専用なので側面部分もジャストサイズ。

擦り傷が付きそうな天板をしっかりと守ってくれているので、期待していた擦り傷防止に貢献してくれそうです。

カーボン調のシートを貼ることで、Macbook Proの印象もかなり変わりました。
耐久性はこれからですが、厚みがあるシートなので表面が剥げてくることもなさそうです。

なにより余計なものをつけたくない、シンプルライフを目指している自分にはよい商品でした。
これで安心してMacbookProを持ち出せます。
Majextandとあわせて他の人とは少し違うMacbookProをドヤれそうですね